How we work

We put Agile at the heart of our development philosophy, which allows us to apply continuous integration, test driven development throughout the process.

Slider

Project management

GEMグループにおいては、開発プロジェクトの評価をプログラムやドキュメントといったいわゆる成果物のみに置くのではなく、顧客企業とGEMグループのエンジニアとによる開発プロセス自体もプロジェクト満足度についての評価基準の一つと捉えています。GEMグループでは主にアジャイル開発手法を採用、導入しており、開発プロセスの「見える化」徹底はもちろん、連続するイテレーションとテストドリブン型開発手法により短期間、高品質なソフトウェア開発と効率的なプロジェクト推進が可能となっています。

TeamApproach

Team approach

GEMグループが提供する開発プロジェクトにおいては、従来の開発
プロジェクトメンバーの役割、作業が明確に分離、細分化されている縦割り型プロジェクト管理手法と異なり、開発プロジェクトメンバーである各々のエンジニアがチームとしてプロジェクトにあたることでエンジニア個々の役割と責任は明確にしながら自分とは異なる役割にも関与しています。エンジニアがチームとしてプロジェクトに参加することにより、各エンジニア間での協力はもちろん開発内容の相互チェックを実践することで手戻りを発生させない効率的な開発、テストを行うことが可能となります。

TeamApproach
How_Agile

Agile development

顧客を取り巻くビジネス環境が急激に変化する昨今、開発プロジェクトスタート時には顧客の要望が明確化されておらず、プロジェクト開始後に仕様変更が発生し、無駄な開発作業による工数の増大とスケジュール遅延、手戻りによる品質の低下を引き起こすことがあります。
GEMグループが採用、導入しているアジャイル開発手法においては、開発プロジェクト開始当初において経験豊富なGEMグループエンジニアが顧客ご担当者様と一緒に開発の初期要件を定義することで。短期間でのソフトウェアリリースのための迅速な開発プロセス着手と開発プロセスを通じて生じたビジネス面からの顧客要求と仕様変更を連続的にキャッチアップし、開発プロジェクトを推進します。

Sincerecommunication

Sincere communication

GEMグループでは、顧客企業の重要な業務システム開発をお任せいただくことはもちろん、トライ&エラーが発生しがちな誰も実現していない最新技術適用ソフトウェアの開発をお任せいただくにあたり、連続的な開発状況の報告と緊密なコミュニケーションを実践し、成功体験だけでなく失敗体験も共有させていただくことでより高いレベルのソフトウェア開発を提供します。

Sincerecommunication
Automation

Development process automation

GEMグループでは全社標準でソフトウェア開発プロセスの自動化適用を推進しています。GEMグループが推し進めている統一化された自動化適用により、プログラムコードのビルド、テスト、デプロイはもちろん、プログラムの改善まで効率的に実施することが可能となっています。

Engagement models

GEMグループでは、顧客と開発プロジェクトが求められる優先順位な諸条件に対応した最適解を、個々の顧客、個々のプロジェクト毎に選択できるようにしています。

Time&materials

Time & Materials model

開発スタート時において、開発すべきソフトウェア仕様が明確になっておらずプロジェクト進行とともに仕様変更が見込まれる場合はGEMグループの高いエンジニア・リソースのみを提供することが可能となっています。このモデルでは、GEMのエンジニア・リソースを利用した時間に応じてコスト発生するため、フレキシブルなソフトウェア開発が実現可能です。

Fixed cost model

開発すべきソフトウェア仕様や開発範囲が既に明確になっている場合、あらかじめ両社で合意した開発期間、開発費用でソフトウェアを請負型で開発することが可能です。この場合もアジャイル開発手法を採用することで日々の開発内容、プロジェクト進捗などをリアルタイムで把握することが可能です。

fixedcost123
dedicatedteam123

Dedicated team model

GEMグループの高いスキルを持ったエンジニアが顧客企業向けにITソリューションチームを継続的に用意し、顧客企業と密接に連携しながらさまざまな開発プロジェクトを推進していく、いわゆる「ラボ型開発チーム」を提供することが可能です。このような特定顧客向け専任エンジニアチームの場合、顧客の要求に応じてフレキシブルなソフトウェア開発や改善、新技術適用が可能であるばかりでなく、顧客事情に則した開発プロジェクトが可能でありかつ月額固定契約となるため高い投資対効果が見込めるものとなります。